ベッドのサイズを比較してみた。選び方の参考に。

私たちの生活にかかせないベッド。シングルベッドや、ダブルベッドなどサイズはさまざまです。部屋の大きさや、生活のスタイルに合わせて使うベッドのサイズも変わってくるかと思います。

例えば、単身赴任のひとりぐらしならば、「シングルベッドで十分さ。」

結婚して家族ができたけどベッドは「シングルがふたつ?それともダブルで足りる?」

大きなベッドがほしい。「クィーンサイズとキングサイズ。キングサイズだと少し大きいかな・・・。」

ベッドを選ぶ要素のひとつであり、重要な要素である「サイズ」。さて、サイズの種類はいくつあるのでしょうか?

一般的なベッドのサイズ

ベッドのサイズの種類はシングルセミダブルダブルクィーンキングの5種類が一般的かと思います。

日本国内での基準では、ベッドの幅が

  • シングル 1m
  • セミダブル 1.2m
  • ダブル 1.4m
  • クィーン 1.6m
  • キング 1.8m

で、長さは各サイズともに2mが基本になっています。

シングルサイズ 97×195cm

ひとりぐらしのワンルームや六畳以下の部屋などで、ベッド以外の家具を置くスペースも必要な場合はシングルベッド。また、二つ並べることでキングサイズよりも大きな幅を確保することができます。離して使えばツインになりますね。一人使いの基本サイズがシングルベッドです。

セミダブルサイズ 120×195cm

セミダブルベッドには「ダブル」というキーワードが入っているので、「2人で使う」イメージがあるかと思いますが、120cmの幅を2人で使うのはかなり狭いです。セミダブルベッドの正しい使い方は「一人使い」です。一人で使うには寝返りをうっても広く、安心して睡眠をとることができるでしょう。

ダブルサイズ 140cm×195cm

ダブルベッドといえば「2人用」ですが、シングルベッドの2倍の幅があるかというと違います。クィーンサイズでもシングルベッド2つ分の幅には足りません。大人2人がゆったりと寝るのであれば、クィーンサイズのベッドをおススメします。一人で大の字にゆったりと寝たい方は、ダブルベッドの一人使いをおススメします。

クイーンサイズ 160cm×195cm

2人でゆったりと寝たい場合はクイーンサイズのベッドをおススメします。クイーンサイズであれば、パートナーの睡眠を邪魔することなく、快適な睡眠をとることができます。

キングサイズ 180cm×195cm

1台のベッドのサイズとしては最大です。大人2人と小さなお子様1人がゆったりと寝ることができる大きさです。部屋に置くにはそれなりのスペースは必要ですし、値段も張りますが贅沢な広さが魅力です。

fbbdc270a703cd617e98664ae7bc9829_s

他にもサイズの種類はいろいろあります。

普通は、ベッドのサイズの種類はシングル、セミダブル、ダブル、クィーン、キングの5種類が基本ですが、メーカーによっては細かなサイズの種類を提案しているメーカーもあります。シングルサイズよりも小さなSSサイズや、少し長めのロングサイズなどです。

ロングサイズ 長さ205cm

通常マットレスの長さは195cmですが、例えば身長が180cm以上の男性が寝るスペースを考えたときに、枕を置いて寝た場合、足元に余裕がなく、足がはみ出してしまう場合があります。そんなときは長さを少し伸ばしたロングサイズのベッドがおススメです。

ベッドのサイズを比較してみた。まとめ

家具のサイズというものは、家具を選ぶ上で欠かせない要素であります。部屋に合うのかどうかはとても大切です。

とはいえ、毎日、体を預けて使うベッドなどは、部屋のサイズに合うものを選ぶと同時に、体に合ったもの、ライフスタイルに合ったものを選ぶ必要があると思います。そのためには、ベッドの基本的なサイズを知っておくのは大切ですね。メーカーによっては同じ種類のベッドでも寸法が若干違うものもあります。参考までに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です